Clinical Evidence

FFRCT解析に関する査読付き論文の数は400を超えています。ハートフローは世界中の冠動脈疾患の診断と管理を変革するために継続して臨床研究に注力しています。

FFRCT解析の使用をサポートする研究と患者治療への影響について、以下のアイコンより主要な研究報告を確認することができます。

検査精度

有効性と有用性

長期的な安全性

検査精度

ハートフローFFRCT解析は解剖学的情報と機能的情報を一度のCT撮像で提供できる非侵襲的検査です。非侵襲的な検査の中で、診断精度が高いことが示されています1

診断精度:

  • 87% (PACIFIC, JACC 2019)

  • 86% (NXT, JACC 2014)2

P値はハートフローFFRCTとの比較を反映

 

有効性と有用性

ハートフローFFRCT解析の臨床使用は、安全性が高く、カテ室の効率を向上させ、患者リスクの層別化に役立つことが示されています。数多くのエビデンスからハートフローFFRCT解析は以下の項目を実現可能です:

  1. 安全に治療の意思決定を行う
  2. FFRCT陰性患者さんへ安全に保存療法を提供する
  3. 血行再建率を下げずに、必要な患者さんにCAGを提供する
  4. カテ室の運用効率を高める
  5. 長期的な心血管リスクを非侵襲的に特定する

長期的な安全性

複数の臨床試験から医師がハートフローFFRCT解析を利用することで、患者に最適な治療方針を効率的に決定できることが証明されています。

6,000人以上の患者の長期追跡(1-5年)を行った複数の臨床試験で、医師が安全かつ自信を持って治療の意思決定にハートフローFFRCT解析を活用できることが証明されています。

長期的な安全性

心臓CTの狭窄が30 - 90%でもFFRCT解析が陰性の患者さんは、狭窄がないまたは軽度の狭窄(0-30%)がある患者さんと同様に心イベントや緊急の血行再建術の発生率が非常に低いことが示されました7

FFRCT解析が陽性(FFRCT≦0.70)の症例のうち、血行再建術を受けた患者さんは、受けていない患者さんに比べてイベント発生率が低く抑えられました7

REFERENCES

  1. Driessen, et al. J Am Coll Cardiol 2019.
  2. Ihdayhid, et al. Radiology 2019.
  3. Fairbairn, et al. Euro Heart J 2018.
  4. Douglas, et al. J Am Coll Cardiol 2016.
  5. Fairbairn, et al. Euro Heart J 2018. Patel, et al, J Am Coll Cardiol Img 2019.
  6. Patel, et al, J Am Coll Cardiol Img 2019.
  7. Nørgaard, et al. J Am Coll Cardiol 2018.

Contact Us

*Required fields

Request the HeartFlow Analysis Near You

If you would like to request to have the HeartFlow Analysis available at a location near you, please submit your information below with details of the institution. We will share this information with the institution, but it will not guarantee HeartFlow will become available.

*Required fields

残念ながら、GDPR 規制により、この Web フォームを通じて求人への応募やキャリアに関する問い合わせを受け付けることはできません。弊社を通じてお申込みください 採用ページ. ご関心をお寄せいただきありがとうございます!

オンライン提出フォームから研究助成金を申請してください。

HeartFlow FFRCT 分析は、有資格の臨床医による臨床的に安定した症状のある冠状動脈疾患患者への使用を目的とした個別化された心臓検査です。 HeartFlow Analysis によって提供される情報は、資格のある臨床医が患者の病歴、症状、その他の診断検査、および臨床医の専門的判断と組み合わせて使用​​することを目的としています。

ハートフロー分析に関する追加の適応情報については、次のサイトをご覧ください。www.heartflow.com/indications.

さらに質問がある場合は、このメッセージを閉じてフォームに記入するか、サポート チームにお電話ください。: 877.478.3569.

The HeartFlow FFRCT Analysis is a personalized cardiac test indicated for use in clinically stable symptomatic patients with coronary artery disease by qualified clinicians. The information provided by the HeartFlow Analysis is intended to be used by qualified clinicians in conjunction with the patient’s history, symptoms, and other diagnostic tests, as well as the clinician’s professional judgement.

For additional indication information about the HeartFlow Analysis, please visit www.heartflow.com/indications.

If you have additional questions, close out of this message to complete our form or call our support team: 877.478.3569.

Please apply for research grants through our online submission form.

Unfortunately, we cannot take job applications or career inquiries through this web form due to GDPR regulations. Please apply through our Careers Page. Thank you for your interest!

Campbell Rogers, M.D., F.A.C.C.

Executive Vice President and Chief Medical Officer

Campbell brings a wealth of experience to HeartFlow, where he serves as the Chief Medical Officer. Prior to joining HeartFlow, he was the Chief Scientific Officer and Global Head of Research and Development at Cordis Corporation, Johnson & Johnson, where he was responsible for leading investments and research in cardiovascular devices. Prior to Cordis, he was Associate Professor of Medicine at Harvard Medical School and the Harvard-M.I.T. Division of Health Sciences and Technology, and Director of the Cardiac Catheterization and Experimental Cardiovascular Interventional Laboratories at Brigham and Women’s Hospital. He served as Principal Investigator for numerous interventional cardiology device, diagnostic, and pharmacology trials, is the author of numerous journal articles, chapters, and books in the area of coronary artery and other cardiovascular diseases, and was the recipient of research grant awards from the NIH and AHA.

He received his A.B. from Harvard College and his M.D. from Harvard Medical School.

本情報は日本国内の医療関係者を対象とした情報提供サイトです。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではございません。
あなたは医療関係者ですか?